使いやすさはそのままでコストを抑えた  MDアーム《 MD-70 》









シンプルで.psd

MDArm動き.jpg


Video Image System for Surgery MD-70

MDシリーズ CONCEPT

○簡単に手術撮影が出来る装置であること

 手術の撮影をしようとする際に、費用的にも時間的にも様々な問題でプロの撮影技術者に依頼するのは難しいと思います。撮影知識の少ない病院のスタッフが操作しても、質の高い高画質な映像が撮影できるシステム、それがMDシリーズの基本的なコンセプトです。アーム部.tif当社では業務用小型HDVカメラの優れた性能に着目し、新しい俯瞰撮影システムを開発しました。
業務用小型HDVカメラは比較的安価でありながら、各種の自動設定と手振れ防止装置が大きなメリットです。最高画質の放送業務機器ではカメラが大きい、レンズが重い、ということから俯瞰撮影用のカメラとには不向きになってしまいます。コストパフォーマンスを考えれば小型HDVカメラは手術撮影には最適と思われます。

○手術を妨げることなく無理なく俯瞰撮影ができること

真俯瞰だけではなく、手術に応じたさまざまな位置から安定した撮影できるように、カメラの高さ変更が可能な回転式アームと静止後の揺れを抑えた構造を開発しました。一見大きなボディは転倒しないよう考慮されています。

○HDV、HDレベルの高画質記録が可能なこと

2011年の地上デジタルHD(ハイビジョン)放送の完全実施を目前に控え、これからの手術撮影もHD方式での記録をお勧め致します。現状でのさまざまな撮影、視聴環境を考慮すると記録装置はメモリースティックやBD(ブルーレイディスク)、HDDなどが主流になります。
カメラのデジタル信号(iLINK、AVCHD)を直接デジタル記録すれば、アナログ信号とは違い、劣化はありません。映像技術が日々進歩する今日では、次々に最新機能を備えたカメラ機材が発売されますが、MDシリーズは簡単にカメラ機材を交換することが可能です。

○カメラの調整・位置合わせが遠隔操作でできること

モニター.tif
[3D電動雲台とリモコン]
手術撮影の場合、撮影範囲は刻々と変化し、細かい画郭設定の変更が要求されるため、遠隔操作が出来る3D電動雲台を開発しました。基本的なパン・チルト操作に回転軸を加え、どのような位置に配置しても手術部位の水平・垂直、更にズームやフォーカスまで全てリモコンで調整が可能です。
天井からの吊り下げ式カメラや無影灯のセンターカメラで難しかった位置調整は、MDシリーズではとても簡単に行えます。

○工事不要で複数の手術室でも使用できること

特別な設置工事は必要ありません。導入したその日から手術撮影が始められます。MD-100は収録機器をボディ内に収納して、自由に移動出来る一体型ですから、特定の手術室だけではなく、すべての手術室に移動して撮影が可能です。

○衛生・安全対策が考慮されていること

MDシリーズ製品は、アルコール消毒を行なえるように抗菌塗装を行っています。
また、万が一のカメラ落下事故を防ぐため固定リングを装備し、二重の安全対策を施しています。


MD-70 SPECIFIC  製品仕様

総重量/90.0kg
台座部/690×650mm(最長部)
支柱高/1850mm
アーム長/1300mm(電動雲台含む)
アーム上下および左右回転角度/各60°
アーム最高点(レンズ面)/2000mm
リモートコントローラー/W190×D120×H80mm
レコーダー収納スペース/W225×D460×H150mm
最大負荷/カメラ重量1.2kg以下
材質/アルミニウム、スチール
モニターサポートアーム1本付属(VESA規格準拠)
出力端子/DV(iLINK)、VIDEO
*カメラ、モニター、モニターアームは別売となります。

ページトップへ